2018年12月26日

「しあわせなみだ」からの署名依頼

 なぜ障がい者が性暴力を経験しているの?
 〜刑法に「性犯罪被害者としての障がい者」
 の概念を盛り込みたい〜
 http://bit.ly/2L9F2Mg
┗………・…………・…………・…………・…………・………┛

私たちは、性暴力撲滅に向けた啓発活動を行うNPO法人です。

私たちは、活動を通じて、レイプ、セクハラ、わいせつ、ちかん等
の「性暴力」を経験した方とお会いしてきました。
その中で1つ、気づいたことがあります。
それは「障がいのある方が多い」ということです。

信じていた相手からレイプを経験した、発達障がいのある方。
だまされて、水商売や風俗で働かされ、必死に逃げてきた、
知的障がいのある方。
予期せぬ妊娠・出産を繰り返し、子どもを手放さざるを
えなかった、身体障がいのある方。

なぜ障がいのある方が、
性暴力を経験しなければならないのでしょう。

私たちは、発達障がい当事者グループを対象に、
調査を実施しました。
http://disabled.shiawasenamida.org/
その結果、回答者32名中23名が、「望まないキス」「望まない
わいせつ」「望まないセックス」「望まない性的撮影」等、
何らかの性暴力を経験していることが、明らかになりました。
このうち11名は、複数の性暴力を経験していました。

そして性暴力の背景には、障がいならではの
「特性」と「育ち」がありました。

まず、キョロキョロ、フラフラしながら歩くので、
見知らぬ人に声をかけられやすいです。
キャッチ等の被害にも、多く遭っていました。

次に、「誰にでも愛想よく」という言葉を、真面目に実行します。
私たちは、不審な人には、少し警戒して接します。
しかし発達障がいがある方は、そうした「空気」を読むことが
苦手で、ニコニコ対応します。
このため、色々な人が寄ってきます。

そして、これまでの育ちにより、疎外感を感じていることが多く、
自分に自信がありません。
なぜなら、発達障がいにより「空気」を読むことが苦手なため、
子どもの頃からいじめられ、孤立した経験を持つ方が多いです。
親や先生から「育てづらい」と思われ、あまり褒められていません。
このため、自己肯定感が低く、自信が持つことが難しいです。
結果として、嫌な相手や行為を断れません。

発達障がい以外の障がいでも、性暴力を経験するリスクが高い
可能性があることがわかっています。
内閣府は、性被害を経験した若年女性を支援する団体を対象に、
調査を行いました。
障がいの有無が分かっている127件中70件で、
障がいの可能性があることわかりました。
http://bit.ly/2BZ9VQX

海外の調査では、障がいのある人は、ない人の約3倍、
性暴力を経験していることも、明らかになっています。
http://bit.ly/2rENTNg

海外では、こうした調査結果を踏まえて、刑法に「性犯罪被害者と
しての障がい者」の概念を盛り込んでいます。
http://bit.ly/2EmDcX0
そして
・障がいがあると知りうる立場にある人
 (医師、ソーシャルワーカー、教師、家族など)からの性犯罪は、
 罪を重くする
・被害者に障がいがあり、性行為に対する同意が困難である場合、
 罪に問う要件を緩和する
といった規定を定めています。

一方日本の刑法性犯罪では
・薬物やアルコール等を使って、被害者の抵抗が困難な状況にした
 場合は、暴行脅迫がなくても罪に問える
 (178条準強制性交等罪/準強制わいせつ罪)
ことは定められています。
http://bit.ly/2rEOkqS
しかしそれ以外の障がいについては、定められていません。

私たちは、日本も海外同様、刑法性犯罪処罰規定において、
障がい特性に配慮することが必要であると考えました。
このため、法務大臣に、以下を要望します。
・被害者が障がい児者であることに乗じた性犯罪の創設
・被害者が障がい児者であることをもって、刑法178条の
 準強制性交等罪、もしくは準強制わいせつ罪を適用する
・刑法性犯罪の運用における、障がい児者の特性を踏まえた
 対応の義務化

ぜひ署名にご賛同いただき、障がいがあることで不利益を被る
ことがない社会の実現を、応援してください。
よろしくお願いいたします。

↓署名賛同はこちらです
http://bit.ly/2L9F2Mg
posted by りえこ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月26日

「タンポポの家」からお知らせ

*「ケアする人のケアセミナーinすわ」*
日時:2018年12月16日(日)10:00〜16:00
場所:おかや総合福祉センター諏訪湖ハイツ、長野男女共同参画センター愛とぴあ(
ともに、長野県岡谷市)
参加費:無料 要申込
**ウェブサイトから詳細をチェック、お申込できます→ *
http://tanpoponoye.org/news/general/2018/10/13518345/

超高齢社会に入り、一人ひとりの生き方をどう支えるかが社会全体の課題です。
しかし、医療や福祉の制度が整えられサービスが多様化する一方で、ケアする人たち
の負担は大きく、疲れやストレスなどから苦悩するケースも少なくありません。
苦悩は孤立することでますます深くなり、ケアする人もされる人も大きな痛みを人知
れず抱えてしまうことが危惧されます。
それを防ぐには、人と人がお互いのことに関心を持ち、助け合うことの喜びを取り戻
すことが必要でしょう。
また、ケアの大切さや奥深さなどを社会全体で共有することで、誰もが安心して豊か
に暮らすことのできる地域づくりにつながるのではないでしょうか。
このセミナーでは、介護や介助、子育てなど、誰かを支えることに苦悩しながらも乗
り越えてきたさまざまな実践に耳を傾けながら、ケアのあり方やケアのこれからにつ
いて語り合います。
そして、愛着のある地域で誰もがともに幸せに暮らすことのできる支え合いの文化づ
くりについて学び合います。


**ポイント1*

ケアする人のケアセミナーは、「ケアする人の心身が健康であって初めて他者を気づ
かう支え合いの社会が実現できる」という考えからスタートしています。諏訪湖を望
む美しい景色を背景に、多様なケアのあり方を聞いて体感することができます!


**ポイント2*

分科会のテーマもいろいろです。誰もがきっとリフレッシュできる「旅」、多様な「
居場所」について、最近話題のこども食堂など「食」について。そして「ダンス×ケ
ア」というワークショップも!


**ポイント3*

お話を聞くだけでなく、ランチタイムには気持ちも元気になるコンサートを開催!


**ポイント4*

このセミナー、住友生命福祉文化財団が主催・応援で参加費無料!

お問い合わせは、
一般財団法人たんぽぽの家(酒井、竹谷)まで。

------------------------------------------------------------------------------------------------


〒630-8044 奈良市六条西3-25-4たんぽぽの家内
tel 0742-43-7055 fax0742-49-5501 e-mail wataboshi@popo.or.jp
http://tanpoponoye.org/

Tanpopo-No-Ye
3-25-4 Rokujo Nishi,NaraCity,JAPAN 630-8044
tel+81-742-43-7055 fax+81-742-49-5501
posted by りえこ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「青春と読書 12月号」について

皆さん、こんにちは。里枝子です。
集英社の「青春と読書 2018年12月号(No.509)」に下重暁子さんが、私を取材した
記事を書いてくださいました。
「潔い負け方 人生は挫折と敗北でできている」というシリーズです。
私もボランティアの方に読んでいただき、どきどきしながら聴きました。
下重さんの文章からは、私の拙い言葉をとても丁寧に聞き取ってお書きくださったこ
とが伝わってきました。
よろしかったらお読みください。
「青春と読書」は、集英社の新刊情報はもちろん、人気作家の連載小説、連載読物や
共感を呼ぶ楽しいエッセイや対談などを満載した、内容充実の月刊情報誌だそうです

本体83円+税
posted by りえこ at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記