2019年11月25日

『人生にとって挫折とは何か』発行のお知らせ

今月、下重暁子さんが、集英社から、『人生にとって挫折とは何か』という新著を発
行されました。
その一部に、越後瞽女唄に取り組んでいる私のことを書いていただきましたので、お
知らせいたします。
点訳書や、音訳書が完成するのは、来年の5月か、6月ということで、私自身、まだ
本の全体は読めません。
ですが、今日、読み書きボランティアの方に、自分について書いていただいた数ペー
ジを読んでいただきました。
下重さんの筆力のおかげさまですばらしい文章です。
朗読をお聞きしている間は、なんだか緊張して、手を握り締めておりました・・・
もしも関心を持っていただけるようでしたら、どうぞ、開いてみてください。

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087210987/hanmotocom-22

目次
第1章 挫折とは何か(究極のナルシストは挫折しない;挫折は強く、敗北は美しい

第2章 抗えない挫折と「身から出た」挫折(結核と敗戦―同時期に訪れた不可抗力
の挫折;「身から出た」挫折;ある音楽家の挫折―孤独な鳥はなぜ翔べなかったのか

第3章 挫折と他者(「他人から見た挫折」の罠―画家・水村喜一郎氏;「社会」が
障がいを挫折にする―ラジオパーソナリティ・広沢里枝子氏)
第4章 挫折を通じて自らと向き合う(プロ中のプロは挫折と「潔く」向き合う―元
競輪選手・中野浩一氏;自らの病と向き合った理学療法士;摂食障がいという「極限
」からの復活―お米ライター・柏木智帆氏)
終章 挫折との向き合い方(頼るのは自分でも他人でもなく―ノンフィクションライ
ター・黒川祥子氏;自分に期待するということの意味)
posted by りえこ at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月22日

「つたえるふれる「瞽女文化の魅力」のお知らせ

第34回国民文化祭、第19回全国障害者芸術・文化祭新潟県実行委員会
(事務局:新潟県県民生活・環境部文化振興課)

「第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会」
の障害者芸術・文化事業として「つたえる ふれる 「瞽女文化の魅力」を知るバリア
フリーシンポジウム」を開催します。
かつて「瞽女」と呼ばれた盲目の女性芸能者が、どんな環境下で、何を人々に伝えた
かを映画「瞽女GOZE」(来春公開予定)の美しい映像を織り交ぜながら紹介しま
す。
瞽女唄の伝承者による演奏も予定されていますので、瞽女文化の魅力について、パネ
ルディスカッションと演奏の両方でお楽しみください。

1 日時・会場
令和元年10月27日(日)14:00〜16:30 長岡リリックホールシアター

(長岡市千秋3丁目1356番地6)

2 内容
第1幕 瞽女を知る
第2幕 瞽女の魅力(瞽女唄の披露)
第3幕 瞽女文化を後世に残す

3 出演者(敬称略 順不同)
(1)パネリスト
小川 善司 (「瞽女ミュージアム高田」事務局長)
川野 楠己(瞽女研究家)
瀧澤 正治(映画「瞽女GOZE」脚本・監督)
広沢 里枝子(SBC信越放送ラジオパーソナリティ)
(2)瞽女唄
萱森 直子 金川 真美子 月岡 祐紀子(3)司会
檀 鼓太郎(バリアフリー活弁士)
※視覚障害をお持ちの方にもバリアフリー活弁士の進行でお楽しみいただけます。

4 申込
(1)シンポジウム事務局((株)エム・コミュニケーション内)

電話:025-521-2627まで

(2)申込期限 10月14日(月)まで

報道資料

天皇陛下御即位記念
第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会
つたえる ふれる 「瞽女文化の魅力」を知るバリアフリーシンポジウム を開催しま
す !

〜映画「瞽女GOZE」(来春公開予定)の映像も紹介します!〜

【本件についてのお問い合わせ先】
第34回国民文化祭、第19回全国障害者芸術・文化祭新潟県実行委員会事務局:新潟県
県民生活・環境部文化振興課 小川
(直通)025-280-5123(内線)2246
posted by りえこ at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月11日

「みんなの皆野ノスタルジア2019」今年も開催します♪

みんなの皆野ノスタルジア2019 「さずきもん」メンバー広沢里枝子さん出演
8月31日(土) 13時半〜15時半
入場料500円 (中学生以下は大人同伴無料、保険代お茶代などこみ)

問い合わせ  北川礼子 090−2482−0919
高橋靖史  090−8496−1638 (平日昼間は留守電に)
皆野町ムクゲ自然公園 森のホール 駐車場有

こちらをどうぞhttps://www.pref.saitama.lg.jp/a0305/b571.html
posted by りえこ at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記