2018年05月21日

里枝子さんとヨシノリ先生のトークとライブのお知らせ

里枝子さんとヨシノリ先生のトーク
& 平曲と越後瞽女《ごぜ》唄ライブ

9月1日(土) 13:30〜15:30


◎場所 皆野町 ムクゲ自然公園 山のホール 駐車場あり
◆50年前の皆野町。秘密基地のある美の山を駆け回った、あの頃。荒川に飛び込んで
遊んだ、あの頃。「おこあげ」を手伝わされた、あの頃。矢尾百貨店のウルトラマン
の七夕飾りに歓喜した、あの頃。えの木のそばの平屋の木造校舎で過ごした、あの頃
。・・・
◆大同コンクリートに父親が赴任するために、家族で皆野町にやって来た、里枝子さ
ん。皆野小学校で過ごした3年間。家族4人で過ごした皆野町。何もかも輝いていた
3年間。満ち足りた日々の皆野町。その後、家族や友達とも離れ一人神奈川のおばの
もとに。
◆そんな里枝子さんが盲導犬と共に40年ぶりに皆野町に帰って来た。そして、同じ時
代を過ごした、「盲目のヨシノリ先生」こと新井淑則さんと出会った。

第1部 「みんなのみなの ノスタルジア」トーク   
50年前の皆野の思い出。皆野の魅力を再発見しよう!     
里枝子さんとヨシノリ先生のトークショー
                            
リル&ジャスミン
第2部 「みんなのみなの ノスタルジア」ライブ
 平家琵琶の平曲&越後瞽女(ごぜ)唄 ライブ
☆「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。」で始まる平家物語。盲僧が平家琵琶
を演奏しながら平家物語を語ったのが平曲。演目 「扇の的 那須与一」「敦盛の最
期」
☆瞽女唄とは、瞽女(ごぜ)さんが暮らしのために唄った唄のことです。瞽女(ごぜ
)とは、生きるために三味線を携え村々を巡っていた盲目の女性旅芸人のことで、伝
統が途絶えず引き継がれたのは越後だけでした。演目「葛の葉 子別れ 一の段」 
「夢和讃」
☆新井淑則さん&盲導犬リル  

 1961年、秩父郡皆野町に生まれ、皆野町在住。現在、皆野中学校 教諭。
☆広沢里枝子さん(旧姓 北島)&盲導犬ジャスミン  

1958年、静岡県沼津市に生まれる。
長野県東御市在住。SBC信越放送ラジオ「里枝子の窓」パーソナリティー。「上小地
域障害者自立生活支援センター ウイング」ピア・カウンセラー(障害のある仲間の
支援者)。長野大学非常勤講師。
 4代目盲導犬ジャスミンと共に各地へ出かけ、障害者と非障害者の架け橋として、
人権講演や越後瞽女唄(えちごごぜうた)の演奏など幅広く活躍中。
◆参加費 500円(子ども無料) ハーブティー、保険料、資料代含む
◎事前予約不要。同級生同士、誘い合って、ご参加下さい。
◎事前問い合わせ 高橋まで、090−8496−1638(月〜金昼間は留守電に)
 または、tannpopo-net@jcom.home.ne.jp ご連絡下さい。
posted by りえこ at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック