2018年05月01日

幸せの黄色いたすき」クラウドファンディングにご協力を

「幸せの黄色いたすき」クラウドファンディングにご協力を
公開URL:https://readyfor.jp/projects/16265

公開日:4月26日(木) 13:00
期間   :60日間
終了予定日:6月25日(月) 23:00



(考案者鈴木満江さんコメントから)
※今回のプロジェクトの開き方: Ready for のページが開けましたら
左上に、社会にいいこと、と有ります。
そこをクリックして頂き、開くと、2段目位にたすきを掛けた画像が出ます。

※考案のきっかけは: 駅で多発する視覚障害者事故のニュースに、居ても立っても
おられず、何か役に立つものをと考えました。


 視覚障害者の方の駅ホーム転落事故に関し、国交省は「声かけ」キャンペーンに取
り組んでいるとの事です。しかし、急に腕をっかまれ、驚く等、希望しない支援の仕
方も有るとの事です。
 そこで、視覚障害者の方も自分の意思でサポートを募る方法が良いと考えました。
2〜3分のサボートお願い、たすきを作りました。
2〜3分と言うのは一時、少しと言う意味で、お互い負担に成らない、簡単に誰でもが
声を掛けれます。5分に成ってしまう事も有るかも知れませんが、それは、その場の
事で。
難しい事でしたら、駅員さんを呼ぶだけでも良いのです。
サポートが必要に成った時に肩から掛け、不要の時はポケット、又は上着の内側に入
れて置きます。
視覚障害者に限らず、又駅に限りませんが、今危険な駅が早急に必要です。

 名前を「幸せの黄色いたすき」と言います。

サボートされた幸せ、サポート出来た幸せから名をつけました。


(試作品を試した感想、千葉市 工藤正一・全盲)
 普段の通勤、外出で試してみると、効果抜群でした。JR津田沼、JR二市船橋駅
で、東京メトロ東西線に乗り換える時。量販店などでの買い物、横断歩道を渡る時、
駅での乗り換えの時など。また、目的地の近くまでは到着したものの、入口を探す時
など。

 無論、白杖を所持しながら、自分からも周囲に気付いてもらうために声を出すこと
が肝要です。

何より シンプルなのがよい。いつもたすきをかけて歩くわけではありません。必要
な場面でポケットから出して使います。
ポケットに入れても邪魔になりません。何人かの視覚障害者の仲間に試してもらって
いますが、とても好評です。
posted by りえこ at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック