2018年04月23日

セクハラ被害者バッシングを許さない4.23緊急院内集会

> 「セクハラ被害者バッシングを許さない4.23緊急院内集会」参加の呼びかけ
>
> #MeToo in 永田町+霞が関
> https://bit.ly/2HfLWRB
>
> 福田淳一財務事務次官のセクハラ行為を告発した勇気ある当事者が、現在ひどい
> バッシングに曝されています。私たちは実行委員会を結成し、彼女を一人にしな
> いという意思を表明しようと、緊急に院内集会を開催することにしました。
>
> 今回のセクハラ事件は、たくさんのことを私たちに教えてくれました。
> ・マスコミに関わる女性たちは、日常的に性暴力にさらされる可能性があること
> ・財務省は、セクハラ被害者の認定と保護や支援について知識が不十分なこと
> ・メディア各社も、セクハラ被害者保護や支援について知識が不十分なこと
> ・政府は、「女性活躍政策」に本気ではないこと
> ・告発した被害者をバッシングしようとする人がたくさんいる社会であること
>
> こうした状況を踏まえて、院内集会の目的を以下の3つとしました。
> 1)今回の事件でバッシングされている被害当事者を孤立させないこと
> 2)日本社会で今、起きている「セクハラ」「性暴力被害」について「何が起こっ
> ているか」を共有すること
> 3)バッシングを止めるために、被害を被害として声を挙げられるようにするた
> めに、何をすればいいか、具体的な意見を出し合うこと
>  
> 日時と場所は以下のとおりです。
> 会場をいっぱいにして、セクハラを許さないという声をあげましょう。
>
> 2018年4月23日 午後6時30分ー
> 衆議院第一議員会館 1F 国際会議室
>
> ※実行委員会は本日以下のメンバーで発足し、開催当日まで随時増やしていきます

> 大塚 恵美子(東村山市議会議員)、佐藤香(女性と人権全国ネットワーク 共
> 同代表)、千田有紀(武蔵大学教授)、日向 美砂子(小平市議会議員)、西川
> 有理子(パリテキャンペーン事務局)、三浦まり(上智大学教授)、皆川満寿美
> (中央学院大学准教授・公的発言におけるジェンダー差別を許さない会)、渡辺
> 照子(派遣労働者)、谷岡理香(東海大学教授・日本女性放送者懇談会)、林香
> 里(東京大学教授)、谷口真由美(大阪国際大学准教授・全日本おばちゃん党代
> 表代行)【順不同】
>
> 実行委員会参加可能な方は、以下にメールでお名前と肩書をお願いします。
> 連絡先:kuramoto@projectjapanwomen.net
posted by りえこ at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック