2017年08月21日

「ホーム転落をなくす会」からの呼びかけ

こんにちは。広沢里枝子です。
「ホーム転落をなくす会」の高山久美子さんから、下のような呼びかけが届きました

ご協力いただける方は、「ホーム転落をなくす会」へ。
---------------------
青山1丁目駅で、盲導犬を連れた男性がホームから転落して亡くなった事故から、
8月15日でちょうど一年です。
その後も事故は相次ぎ、大阪と埼玉でも二人の全盲の方が亡くなっています。
ホームドアがつくことが一番ですが、
設置が決まっても、すぐに設置できるわけではありません。
全駅への設置を決めた東京メトロでも、2020年度までに148駅(83%)。
全駅178駅に設置完了するのは2025年度末の予定です。
このまま手をこまねいていても、転落事故はなくならない・・・。
ならば、せめて、自分たちにできることがないだろうか。
そんな思いを持つ、視覚障害当事者と晴眼者で、
ホーム転落を防ぐためのチラシやポスターを作り、
それを広める活動をしています。
チラシの内容は、
ホームから転落しそうな視覚障害者を見かけた時、どう声をかけたら良いのかを、
わかりやすいイラストと簡潔な文章によって伝えるものです。
画像を添付しましたのでご参照下さい。
(視覚障害者の方のためには、このメール文末に絵の説明を入れました。)
費用は、インターネットのクラウドファンディングで調達した他、
多くの方からのご寄付によってまかない、
これまでに、チラシ12万3千枚、
ポスター1100枚を印刷し、全国各地にお送りしています。
講演会やマラソン大会、ライブイベント、
図書館や市役所の窓口、行きつけの喫茶店やバー、
お住まいの自治会の回覧板や掲示板、
中学や高校など、様々な場所で、様々な形で拡がっています。
皆様の周囲(職場やサークルのお友達、学校、
ご利用の駅や、お住まいの地域など)でも、
このチラシとポスターをひろめていただけませんでしょうか。
(サイズ チラシA4/ポスターA3)
ご賛同、ご協力をいただける方は、ご連絡ください。
また、画像を加工しなければ、
画像をご自分で印刷してお使いいただいてかまいません。
ホームページなどでご紹介いただいたりするのも歓迎です。
Facebookでは、チラシやポスターの配布状況や、
駅ホームでの安全に関する最新情報などを随時お伝えしています。
https://www.facebook.com/stoptenraku/
二度と、視覚障害者のホーム転落事故がおきてほしくない。
その一念で始めた、ささやかな活動です。
どうか皆さんのお力をお貸し下さい。
よろしくお願い申し上げます。

ホーム転落をなくす会・発起人
宇野和博、佐木理人、高山久美子、原田敦史(50音順)
posted by りえこ at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック