2020年02月11日

子ども保養サポート上田 ごぜ唄コンサート

皆さん、こんにちは。
今年も、子ども保養サポート上田の武石の家で、チャリティーコンサートを開いてい
ただけることになりました。
春を呼ぶコンサートです。
ご都合が合うようでしたら、お待ちしております。

    広沢里枝子の越後瞽女唄コンサート
  in 保養の家・武石

 暖冬とはいえ厳しい寒さの信州、皆さまいかがお過ごしでしょうか。日頃、子ども
たちの保養のことをお心にかけていただき、本当にありがとうございます。また、武
石地域の皆さまには、福島や関東、東北地方から保養にやってくる家族の方々を温か
く見守っていただきまして、心からお礼を申し上げます。
 最後の越後瞽女と言われた小林ハルさんに魅せられた広沢さんは、ハルさんから教
えを受けた新潟の萱森直子先生のもとへ盲導犬ジャスミンとともに通い、瞽女唄のお
稽古に励み、越後瞽女(ごぜ)唄の伝承者として地域に瞽女唄を広めて下さっていま
す。
今年は、小林ハルさんの半生を描いた映画 「瞽女(ごぜ)GOZE」の上映も始まります

 「私の命は両親や無数の先祖たちによって受け継がれた。また、障がいや病を得な
がら生き抜いた無数の人々によって受け継がれた命、その命の水源をどんどん遡って
いくことが、私にとっては瞽女唄の探求なのです」とおっしゃる広沢さんの瞽女唄を
「保養の家・武石」に響かせたいと思います。どうぞお出かけ下さい。

  と き    3月15日(日)開演 14:00〜 (開場13:30)
  と こ ろ  保養の家・武石(妙見寺隣・上田市下武石665-5)
  主 催 NPO法人子どもの保養サポート・上田
  問合せ先 070-5029-1055 070-5011-1951(西山)
   (会場の場所や駐車場等ご案内致しますので、お問い合わせ下さい)

  プロフィール
1984年結婚し、東御市に根を下ろす。
26才で失明したが、盲導犬を得て、
二人の幼い息子たちとともに積極的
に街に出るようになる。1991年から
SBC信越放送ラジオ「里枝子の窓」の
パーソナリティーを担当し、障がいの
ある仲間や共に働く人々の生の声を伝
え続けている。1991年から盲導犬と
共に各地へ出かけ講演活動を開始し、
2014年からは萱森直子氏の指導の下、
ごぜ唄探求の旅を続けている。
越後ごぜ唄グループさずきもんの会会員


新潟の
ホームに経立ば
 木枯らしが
   コートの裾を
はためかせ吹く

わが唄よ
 放射能避け
    保養する
幼き子らに
  春を運べよ
(広沢里枝子)

  
 
   
 


 
posted by りえこ at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記