2015年11月26日

緊急集会スピーチリレー開催のお知らせ

緊急集会スピーチリレー開催のお知らせ
> 茨城県教育委員の発言で、私達、障害のある人は、悲しみ、不安になり、憤りを感
じています。そこで、茨城に障害のある人の権利条例をつくる会では、その気持ちを
みんなで共有し、それぞれ表明していく集会を開催することになりました。
> 日時 平成27年11月28日(土) 午後1時30分から
> 場所:水戸市福祉ボランティア会館ミオス大研修室
>
> 参加費:無料
> どなたでもご参加頂けます。
>
> *手話通訳、要約筆記が必要な方は、お問い合わせ下さい。
> 調整させて頂きますが、準備期間が短く、対応できるか確認中です。
>
> ※当日参加できない方は、メールかファックスでご意見をお寄せ下さい。
> ※ご意見は、ご意見記入用紙にご記入ください。
> 送付先
> ・ファックス 029-859-0594
> ・メール ibajyourei@gmail.com
> ご意見 締め切り 11月27日(金)午前11時まで
>
> 詳細はホームページをご覧ください。
> 茨城に障害のある人の権利条例をつくる会
> http://www.honyara.jp/ibakentsu/
> <いばけんつ緊急集会るびなし.doc><ご意見記入用紙.doc>
posted by りえこ at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月01日

長野県ハーネスの会からの緊急アピール

平成27年10月5日

長野県知事 阿部 守一 様

長野県ハーネスの会

会長  前野 弘美

緊急アピールのお願い(依頼)

 平素より盲導犬の普及・啓発につきまして、格別のご理解を賜わり、心より感謝申
し上げます。
 さて、10月3日、徳島市において、盲導犬使用者が愛犬と共に資材搬入中のトラッ
クにひかれ、死亡してしまうといういたましい事故がありました。
 私達、盲導犬使用者は、盲導犬と共に歩くことにより、白杖歩行とは比べものにな
らないくらいの行動の自由を享受していますが、常に危険を感じながらの厳しい歩行
を強いられています。
 会員の中には、駐車場から後ろを確認しないまま音もなくバックしてきた自動車に
ひかれ、骨折してしまった人もいます。
 また、歩車道の別のない道では、左側通行する私達に対して、大きな音でクラクシ
ョンを鳴らす人、猛烈なスピードで追い抜いて行く人もいます。
 さらに、歩道のある道でも、猛烈なスピードで追い抜いて行く自転車がいたり、商
店等の駐車場からいきなり出てくる自動車があったりで、恐怖感を常に感じています

 そこで、長野県として、盲導犬の安全歩行につきまして、下記のような緊急アピー
ルをお願いします。



1 盲導犬を見たら道路交通法に規定されているように徐行すること

2 交差点ではアイドリングストップを徹底すること

3 盲導犬の近くでクラクションは鳴らさないこと

4 自動車に装備されている音声案内は常にオンにし、ハイブリッド車の存在を知ら
せる  音声装置の普及を促進すること
  (1) 自動車がバックする際に出る音声
  (2) トラックの曲がる方向を案内する音声
  (3) ハイブリド車の存在を知らせる音声装置

5 歩道は歩行者が優先であることの徹底
posted by りえこ at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記