2017年05月01日

「里枝子の窓」から 2017年4月

こんにちは。広沢里枝子です。花盛りの上田から、盲導犬のジャスミンと一緒にお届
けしています。
先月の放送のおりには、26年間、番組を支えてきた岩崎信子ディレクターに14通もの
お心のこもったメールをいただきました。本当にありがとうございました。
さて、今日から「里枝子の窓」のディレクターは、宮嶋美紀さんになります。宮嶋さ
んは、SBCラジオのレポーターとして活躍していますので、ご存知の方が多いと想い
ます。宮嶋さんは、車の運転もできますし、フットワークが軽いので、更に行動範囲
を広げてお伝えして行きたいね、と話し合っています。一緒に一歩一歩、力いっぱい
やって行きますので、どうぞ、これからも「里枝子の窓」を応援してください。
ところで、3月の23日に、上田市では、世界身体障害芸術家協会会員の木村浩子さん
を迎えて、木村さんの絵の展示会と、交流会、講演会を開きました。私は、メインの
講演会に、残念ながら参加できなかったのですが、交流会には参加できたので、その
ようすを最初にちょっとお話しいたします。
まず、木村浩子さんが、どんな方かということなのですが、現在79才です。脳性小児
麻痺の影響で、体のほとんどの自由が効きません。
戦争中に、浩子さんのお母様は、日本兵から「親の手で殺せ」と青酸カリを渡されま
した。ですが、お母様は、重度の障害のある浩子さんを抱えて山中に3か月潜んで終
戦を迎えたそうです。
浩子さんは、戦時下では、そのように障害者は“生きる価値のないもの”と扱われて
しまう事実を社会に伝えて、反戦を訴え続けています。
浩子さんの平和のための活動の拠点は沖縄県伊江島。沖縄戦では、地上戦がおこなわ
れて、多くの住民の命が奪われた場所です。
私は、6年ほど前に、浩子さんに会いたくて、浩子さんが伊江島で営む民宿「土の宿
を訪ねました。フェリーで海を渡って行きましたが、思い出すのは、家々の塀や壁な
どに一面に残っていた砲弾の跡です。古い滑走路だけが、縦横に走って、島の暮らし
や自然が、沖縄戦で踏みにじられてしまったことを実感しました。
でも、「土の宿」は木作りの精製した宿で、そこでみんなで囲炉裏に枝をくべながら
話し合っていたときに、浩子さんが言った「最後まで、いいことはいい、間違ってい
ることは間違っていると、イエス・ノーをはっきり言いたい。人間だもの。」という
、力強い言葉は、今も忘れません。
そして、私が今回、交流会に参加して特に感心したのは、浩子さんのネットワークの
広いことでした。沖縄から遠く離れた信州ですのに、交流会にも、全県から、30人近
い方が駆けつけて、とても温かなつどいになりました。
たとえば、「共働学舎」の宮島眞さんがいらしていて、浩子さんとみんなのためにチ
ェロを演奏してくださいました。浩子さんは、「共働学舎」から学びたいと考えたこ
とがあって、長年の交流があるそうです。浩子さんとの出会いをきっかけに、誰もが
安心して泊まれる民宿を開いているというご夫妻も伊那から駆けつけておられました
。浩子さんが撒いてきた種が、ここ信州でも、あちこちで芽生えて育っていることを
知りました。
では、木村浩子さんとの交流会の報告の結びに浩子さんの言葉をひとつお伝えします

「平和でなければ生きられない」
posted by りえこ at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月18日

「里枝子の窓」から 2017年3月

こんにちは。広沢里枝子です。
上田放送局から、盲導犬のジャスミンと一緒にお届けしています。
先日私は、「上田市ふれあい福祉センター」でおこなわれた春の消防訓練に参加しま
した。それで、「垂直式救助袋」の中を通って、ビルの2階のベランダから地面まで
滑り降りるという経験を初めてしました。ちょっと珍しい経験だったので、お話しし
てみますね。
皆さん、「垂直式救助袋」って、どんなものか思い浮かぶでしょうか?私は、テレビ
も画像では見ないものですから、滑り台みたいなものかなって思っていたんです。そ
れが、ぜんぜんちがうんですよね。
この救助袋は、いうなれば大きくて長ーい鯉のぼりみたいなものでした。たぶん長さ
は、5メートルぐらいだったと思います。その袋の中を足を下にして滑り降りるんで
すね。
まず、靴を脱いで、先に地面に落とします。そうじゃないと、靴が袋の中でひっかか
ってしまうことがあるのだそうです。
それから、鯉のぼりの口のような鉄のわっかの入口の所で、上から垂れている紐をし
っかり持って、足から袋の中に入ります。体制が整ったら、手を放すと、ストーンと
下へ向かって落ちて行きます。
最初は、想像したより、まっすぐ下へ向かって滑ったので、ちょっとびっくりしたん
ですけどね。この長細い袋は二重になっていて、中は、らせんになっているので、と
ころどころ捻じれた所で止まりながら、そこは手足でちょっとこぐみたいにして進ん
で行きました。
地面が近づくと、係りの方が、「あと2メートルです」と声をかけてくださったので
、安心して着地できました。
私の他にも、お二人の見えない方が挑戦されました。「見えない方達、勇敢ですね!
」って、周りの方達が感心してくださったんですけどね。見えないからこそ、目で見
て想像するのは難しいので、こういう体験は、させていただいてよかった!と思いま
した。
1回経験したので、本当に必要なときには、ジャスミンを抱っこして、滑り降りるこ
とができるかもしれません。
一緒に避難訓練をした方達も、サポートの経験ができてよかったと言ってくださいま
した。避難訓練は、障害のある人や逃げにくい方ほど、一緒に参加して経験しておく
ことが大事ですね。
自分にとっても、周りの人にとっても、これは大事なことだなあと実感しました。
posted by りえこ at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月15日

デイジー録音図書「里枝子の窓2015年度版」貸し出しのお知らせ

デイジー録音図書「里枝子の窓2015年度版」貸し出しのお知らせ

SBC信越放送のラジオ番組「里枝子の窓」は、私たち障害者のありのままの日常を伝
え、心ある方々からの熱いメッセージを伝え続けて26年になりました。
地域の枠を超えて、全国の視覚障害の仲間にこのラジオ番組を伝えようと、「デイジ
ーうえだ」のボランティアの方々が、毎年製作してくださるデイジー図書「里枝子の
窓」も、17タイトルになりました。
2015年度版には、パーソナリティーの広沢里枝子が、盲導犬と共に、沖縄を旅して、
三線の魅力を伝えた「沖縄は歌三線の島」。福島を旅して、過酷な避難生活を生きぬ
いた全盲の小山田トヨさんから、直接お話を聞いた福島レポート。猟師の竹内清さん
との対談。「小雀保育園」理事長の鷹野玲子さんとの対談。広沢里枝子の越後瞽女唄
など、多彩な内容が収録されています。
どうぞ、お聞きください。

地域の点字図書館等を通して借りていただくか、長野県上田点字図書館にお申込みく
ださい。
上田点字図書館 電話 0268ー22ー1975
posted by りえこ at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記