2022年11月11日

越後瞽女唄「さずきもん」東京公演のお知らせ

瞽女の足跡 その二?越後瞽女唄「さずきもん」東京公演
12/2/金、12/3/土
貸館
12/2/金 18:30?
12/3/土 14:00?
水上勉の小説や篠田正浩監督の映画「はなれ瞽女 おりん」で有名な、瞽女とは室町
時代より全国の農村で、三味線を携えて語り物などを唄った「門付け」の「盲目の女
旅芸人」です。明治以降は、越後地方(高田市・長岡市)を除いては殆ど廃れてしま
い、昭和30年代にはその姿も見えなくなりました。「高田瞽女」は、頚域3郡や信州
・佐久、上田まで四季に合わせ年間300日を旅して廻り、それを支えたのは瞽女宿と
呼ばれた「裕福な農家」の宿と食事の無償提供でした。失明した子供たちの自立する
仕事として、厳しい式目(戒律)の下修行を重ね、一人前の「本瞽女さ」には10年以
上の年月を要しました。僅かな人たちに継承された瞽女唄の、その独特な語りや力強
い三味線を、長岡瞽女・高田瞽女・両系統の唯一の伝承者である「萱森直子」さんを
師とし継承する「さずきもん」のみなさんの語りで味わっていただければと思います

出演:演奏者 井浦美里、渡邉聡子、江藤めぐみ、齋藤穂歌、広沢里枝子、小関敦子
料金:前売り・当日 3,500円/公演 2日間通し券:6,000円
主催:West Glen Associates
予約・問い合わせ先:FAX:03-5384-6557、m.inaba.tokyo@gmail.com(@は半角に直
してください)
携帯:080-3022-8039
※特記なき場合、開場は開演の30分前です。
※問い合わせ先メールアドレスの@は、小文字に打ち直してください。


スケジュール | 両国門天ホール
https://www.monten.jp/20221202
posted by りえこ at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年10月14日

長野県立美術館 −

長野県立美術館(旧長野県信濃美術館)で、目の不自由な人と、見える人と一緒に楽
しむアートツアーを計画してくださいました。
京都から、長年この活動に取り組んでおられる日野陽子先生をお迎えします。
よろしかったら、どうぞ、ご参加ください!

https://nagano.art.museum/event/event_1665710195

「みる」を考える 見えない人と見える人が一緒にみるために」
開催日: 2022 年 11 月 5 日(土)
時 間:13時半〜15時半(開場:13時)
会 場: 長野県立美術館 3階レセプションルーム・2階コレクション展示室
    ※レセプションルームにお集まりください
講 師:日野陽子(京都教育大学准教授)
参加費:無料
対 象: 見えない方・見えづらい方・見える方
定 員:障がいのある方、障がいのない方 合計30名
    一般公募 15名程度(申込先着順)
申 込:要(申込フォームまたは電話にて受付)

    ※障がいのある方は、電話での参加申込も可能です。
T 026-232-0052
posted by りえこ at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年08月01日

「瞽女GOZE」瀧澤正治監督作品映画観賞会のお知らせ


ストーリー:盲目の女旅芸人瞽女(ごぜ)小林ハルが幾多の逆境に立ち向かい健気に
生きたヒューマンヒストリー。
監督:瀧澤正治
キャスト:吉本美憂・川上のん・中島ひろ子・小林綾子・小林幸子(特別出演)
渡辺美佐子他 奈良岡朋子(語り部)
日時:令和4年9月25日(日)
午前の部
開場:9:45
瞽女唄公演:10:00〜10:30(演奏 広沢里枝子)
上映:10:45〜12:40
トーク:12:55〜13:15(瀧澤正治監督)
午後の部
開場:13:45
瞽女唄公演:14:00〜14:30(演奏 広沢里枝子)
上映:14:45〜16:40
トーク:16:55〜17:15(瀧澤正治監督)
*ページ2

各部チケット:大人 2,000円
障害者・介助者:1,500円全員にクッキー付き 飲み物別途場所:cafe紫
苑 〒369−0133
埼玉県鴻巣市小谷2275(JR高崎線北鴻巣駅西口より徒歩20分)
駐車場完備 敷地内20台以上
お問い合わせ:電話080−9124−1499(19:00〜22:00)
メール shionkounosu@gmail.com
posted by りえこ at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記